著作権について

どんな動画をまとめに追加してもいいの?

まとめへの動画の追加は基本的に問題ありません。ただし、音楽のPVに関しては、公式に配信されている動画を埋め込むようにしてください。また、動画自体が違法なコンテンツである場合、埋め込みが許可されていても、 まとめに動画を追加しないでください。

違法なコンテンツ、利用規約に違反する内容のコンテンツ、その他、利用者によって通報機能によって報告されたコンテンツは、まとめの作成者に通知なしに、管理者は削除することがあります。

なお、本Webサービスは個人で運営しており、トラブルに巻き込まれたくありませんので、グレーゾーンにあるような動画は、利用規約の範囲内で非公開・削除といった措置をとることもあります。

本Webサービスのユーザーによって権利が侵害されたときは...

PC版の場合、画面右に「まとめを通報する」というリンクが設置されています。こちらから報告することにより、まとめ内の該当する動画、またはまとめ全体を、非公開、または、削除することができます。 著作権者本人からの報告の場合、具体的な侵害内容、侵害している動画の今後の処置などについて細かく指定することが出来ます。

広告は設置されないけど?どうやって運営しているの?

本Webサービスは、管理者の自費によって運営しています。これは、広告を掲載することにより、権利処理が発生し、動画を自由に埋め込むことができなくなるためです。

なお、寄付に関しても、受け付けておりません。

あらかじめユーザーが動画を埋め込めないようにしたい(著作権者向け)

現在、著作権者が、本Webサービスへの動画の埋め込みをあらかじめ拒否する機能はございませんが、このようなシステムを開発したい、と考えております。本システムが追加されるまでは、埋め込み後、となってしまいますが、 各まとめページにあります「まとめを通報する」リンクよりご報告いただければと存じます。その際、今後、ご自身で公開されている動画の全て(もしくは、特定の動画)を本Webサービス上に公開されたくない、という旨をお書き いただければ、システムで動画の埋め込みを禁止されている、という旨の表示をし、投稿を行えないようにすることも可能です。

マナーを守って楽しく使おう

子どもに言うような内容となってしまいますが、動画の著作権者の気持ちを考えた上で動画を埋め込むようにしてください。

著作権者の皆様へ

YouTube には、外部サイトへの埋め込みを禁止するオプションが用意されています。詳しくは、YouTubeヘルプの動画と再生リストを埋め込むにあります、「埋め込みを無効にする」をご覧ください。


お役立ち情報

多くのブログで、動画の埋め込みと著作権について言及されていますので、そちらもご参照ください。